鮭とあさりのタジン


12月8日(金)の晩ごはんは、久しぶりにタジンを使って、鮭とあさりを蒸し焼きにしました。タジンごと食卓へ出せるので、熱々を食べることができますし、他にお皿もいらず洗い物もラクチン!

お料理に使ったのと同じ白ワインを飲みながら、食事を楽しみました。こういうシチュエーションは大好きです(^o^)

楽しいし、美味しい✨


タジンの準備はこのような具合でございます。わが家のタジンは小さいサイズなので、二つ用意して、ひとり分ずつ火にかけます。(家族の多いお家なら、大きいタジンで一度に作ってもいいかも。)

以下、簡単に作り方をご紹介します。

今回はまず最初に冷凍ほうれん草を凍ったまま敷きまして、その上にシメジを散らし、手前に生鮭の置き。その後ろにあさりを重ならないように並べました。重なると殻が開きにくくなっちゃうので。それからバターを散らして、ハーブ塩をパラパラまき、白ワインを少々回しかけました。

ハーブ塩はS&Bのマジックソルトを使いました。マジックソルト、本当に便利で美味しくなります!使い終わっちゃったから、また買ってこよう~。

★マジックソルトのお話はこちらもどうぞ→https://dolcevita-sana.blogspot.jp/2017/11/magic-salt.html


タジンとはモロッコなどで使われている土鍋のことで、わが家のはホームセンターでみつけた和風なデザインのものです。日本の土鍋と一番異なる特徴としては、まずフタの形状。さらにフタに穴がなく、食材をいれる部分もとても浅いのです。

な~んでか?(堺すすむさんのネタ風に読んでくださると嬉しい・笑)

日本と異なり、使えるお水の少ない地域の生活の知恵から生まれたお鍋だから、こんなとんがり帽子型の穴なしフタになったのだそうな。食材から出た水分が鍋の中にとどまって、それで調理できるという工夫です。だから少ない水分でお料理できます。

話は変わりますが、一緒に写真に写っている餃子は、もーリーさんが「これも食べたい」といってセブンイレブンを買ってきたものです。レンジでチンするだけの簡単餃子なのですが、ふと、ひょっとしたら餃子もタジンでできるのかな?と。

「餃子」「タジン」でキーワード検索してみるとかなり出てきますね~。私も今度、やってみよ~っと✨

★カジキを使ったタジンのお話はこちら→https://dolcevita-sana.blogspot.jp/2012/09/blog-post_7.html

★タジンを買う前にチャレンジしたマグレブ料理の真似事のお話はこちら→https://dolcevita-sana.blogspot.jp/2011/12/blog-post.html


さて、ここからは自分の記録です。Levi'sのボーイフレンドジーンズに、エディ・バウアーの縄編みセーターを着ました。セーターの色が深緑なので、靴下も緑色の入ったものを履いてみましたよ~。

クルーネックセーターで首回りがちょっと寒かったから、今日は今のところ髪の毛を結ばずにおろしています。

今朝は明るくて、光がまわりすぎて写真がぼやけてしまいましたが、少しぼやけたくらいの方がアラが隠れていいかもね~(笑)。

だんだん顔認識マークが出た瞬間に、反射的に笑顔が「作れる」ようになってきました(笑)。ニコニコ~(^^)

コメント

lce2 さんのコメント…
これは良いアイディア!
温かいシーフードに冷たいワインが合いそう♪

僕も同僚に教えてもらったサーモン料理をホリデーに作る予定で~す。
Sanae さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは~。
タジンでのお魚の蒸し焼き、ラクチンで美味しいです(^o^)同僚さん直伝のサーモン料理、ブログにアップしたら教えて下さい!楽しみにしています。

人気の投稿