2014年1月31日金曜日

サニーレタスのサラダ

最近は週末に買出しに行くたびに、房総の方からの美味しそうなサニーレタスやリーフレタスが目を引きます。とっても大きくイキイキとしていて、その姿はまるでお花みたい。毎週1玉必ず買って、わしわしわしわし食べています。

というのも、ちょうどお正月にお友達から、小豆島のドレッシングをいただいたんです。お醤油もオリーブオイルも柑橘も、全部そこで摂れた物で作ったという和風ドレッシングです。酸味がきつ過ぎず、とってもまろやか!いつも冬はあまり生野菜を食べる気がしないな~と思っていたのですが、このレタスとドレッシングの組み合わせは最高です。

ドレッシングといえば、昨年の秋にはまた別のお友達から、これまたとっても美味しく贅沢な胡麻ドレッシングをいただきました。それもとっても美味しくてよかったなぁ。(練り胡麻風のものでした。)

思えば両方とも、サラダだけでなくほかのお料理に調味料として使っても美味しい・・・というタイプだったかも。生野菜だけでなく、お肉やお豆腐にも使えると大変重宝します。お友達二人に、どうもありがとう!

2014年1月29日水曜日

今週のなっちゃん(34)休日の朝

なーっちゃん♪
あたたかそうね。
 
 なーっちゃん♪
日向ぼっこしてるの?
 
あら、もりちゃん、おはようさん♪
 
なつこ、 いいこいいこいいこいいこ
 
 なつこ、いいこいいこいいこいいこ

うーん?もう終わり?
 
 

2014年1月27日月曜日

冬のおやつは・・・石焼いも

町田りす園の帰り道、駐車場の脇に停まっていた石焼いもやさんをみつけ、ひとつお芋を買いました。もーりーさんはずんずか先に駐車場へ行ってしまいましたが・・・。まぁ、よかよか。
 
「おじさん、中ってどのくらいの大きさ?」
「ん?中・・・中・・・焼けるまでもうちょっとかかるかな~?」
 
お芋を確かめてくれているおじさんに、「写真を撮ってもいいですか?」と聞くと、「おう!いいよ!」と言っていただけました。脇から背伸びしつつ中をのぞくと・・・どのお芋も大きい!!

「あった、あった、焼けてるのあったよ。これでいいかい?」
「うん。どうもありがとう!」

中といってもけっこうな大きさ!これ、もーりーと半分こでちょうどいい。お金を払ってお芋を包んでもらっていると、あとから続々お客さんがやってきます。焼けるまで少し時間がかかるから、先にりす園を見てきた・・・という家族連れもいたみたい。なるほど、それはいい考え。

混んできてしまったのであわただしく1枚目の写真を撮らせてもらい、熱々のお芋を持って駐車場へと戻りました。

「イモ、買うてきたんやろ?」
「そう。写真も撮らせてもらっちゃった^^
はい、半分あげる。」

お芋の入った包み紙を開けてみると、おじさん、ちゃんとお芋を二つに切ってくれていました。わーい、ありがとう!!熱々の焼き芋はホクホクとしていてとっても美味しい。

最近なかなか見かけないけど、どこかで出会ったら、また買いたいなと思いました。自然な甘みの、とってもヘルシーな冬のおやつです。


2014年1月26日日曜日

町田リス園へ行く②

町田リス園は開園25周年!

町田リス園http://www13.ocn.ne.jp/~risuen/の続きです。前回はタイワンリスの放し飼い広場の様子をご覧いただきました。本日はそのほかの種類のりすぼん達の写真をお届けいたします。

穴を掘るうさぎさん

の、その前に。こちらには、りすぼん達だけでなく、うさぎさんもいるんです。これはけっこう大きいサイズのうさぎさん。一所懸命なにやら穴を掘っています。ひょっとして大脱走?!

ワラワラとモルモットさんも大勢います

ふれあい広場では、うさぎさんのほかにモルモットさんも大人気。こちらも餌をあげることができるようです。

キタリスさん

ふれあい広場の隣には、耳の長いキタリスさんの飼育小屋もありました。が、ものすご~いスピードで延々と動き回っていて、これしか写真が撮れませんでした^^;;

もーりーさんも1枚
 
キタリスさんは主に欧州に多く見られるりすぼんだそうで、またの名をヨーロッパアカリスというそうです。耳や尻尾、手足が赤い色をしていて、かわいい顔をしています。

ニホンリスさん

キタリスさんの隣にはニホンリスさんの小屋が。ニホンリスさんもものすごい勢いで延々と動きまわっているので、写真はこれだけ。ニホンの固有種で本州にいることから、ホンドリスという呼び名もあるそうです。ちょっと見えにくいのですが、耳の先がキタリスさんみたいにとんがってやや長く(冬場に見られる房毛なのだとか)、おなかの毛が白いのが特徴。尻尾はタイワンリスさん達に比べるとほっそりしています。

シマリスちゃん

お次も日本にもともと暮らしているりすぼん、シマリスちゃんです。一昨年の夏に北海道に行った時、残念ながら日程の都合でシマリスさんには会えませんでしたから、今回見ることができて嬉しいです♪

・・・と言いたいところなのですが、実はこのシマリスちゃん、ずーっと巣穴に入ったままでして、なかなか姿を現さない。うまいこと写真を撮ることができたもーりーさんはラッキーでした。というわけで結局のところ、私自身はシマリスさんをほんの一瞬見ただけでした^^;

何かお祈りでもしているみたいなポーズ

顔の前で何か餌でも持っているのでしょうか?この姿、なんだかまるでスポーツ観戦でもしながら、「あ~、お願い、あと一点、あと一点で勝てるから!」とか、お祈りしているみたいです(笑)。

あと一点で勝てるから・・・!(って、何が・・・^^;)

それにしてもウルウルしたお目目です。しっかりと手に握りしめ、何を食べているのでしょう?

なんか美味しいものないかな~
 
お次はちょいと小柄でまん丸としているアカリスさん。ヨーロッパアカリスさんではなく、こちらはアメリカアカリスさんというそうです。かなりオレンジ色をしたりすぼんですが、これは冬毛の色なのだそうです。
 
餌の入れ物に入っちゃってます
 
アカリスさん、ちょっと食いしん坊?餌の入れ物にとうとう入ってしまいました(笑)中の食べ物もなかなかバリエーション豊かで美味しそう。ちんまり座っててかわいいです^^ まん丸。

アメリカアカリスさんはおなかと目のまわりが白い

近くにりすぼんを遊ばせるのが上手なカップルがいて、アカリスさんにこんなポーズをとらせていたので、脇から便乗してしまいました(笑)。

あ~、オレンジの皮って美味しい~

アカリスさんは主に樹上で活動するりすぼんだそうで、二つの飼育小屋は、渡り廊下的なものでつながっていました。その中間地点でオレンジの皮をひとり食べるアカリスさんを発見!さては、独り占めだな?

うぅ・・・うっうっうっ・・・オレンジ落としてもうた(泣)
 
と、思いきや、下に落としてしまい、別なアカリスさんにオレンジの皮は奪われてしまいました。目を細めた無念そうな顔にご注目(笑)。りすぼん達って表情が豊かですね~

お日様が暖かいから、眠くなってきた~

そしてアカリスさんもやっぱり、お腹がいっぱいになると眠くなってしまうみたいですzzz


もーりーさんが動画も撮っていました
 
 よかったら最後に動画もご覧下さい。アカリスさんの鳴き声を聞くことができますよ^^ (縦位置で撮ってしまったようで、ちょっと見づらいかもですが・・・。)
 
とても楽しい町田リス園でした♪
 
 

2014年1月24日金曜日

町田リス園へ行く①

りす園にはカラフルな巣箱がいっぱい!
 
1月12日(日)町田リス園(http://www13.ocn.ne.jp/~risuen/)に行ってきました。入園料は大人400円でした。駐車場は薬師池公園と共同のところを利用しました。3時間停めさせていただいて、250円くらいだったかな、たしか。
 
タイワンリスに餌をあげるところ

ここでは5種類くらいのりすぼんを見ることができますが、餌付けなど、触れ合うことのできるのはタイワンリスのみ。ネットで囲われた広い空間に人間もお邪魔して、餌となるヒマワリの種を購入し、餌付けをします。(餌を買わなくても、この場所には入れます。)

餌と一緒に写真のような手袋を貸してくれるので、その上にヒマワリの種をのせてりすぼんへ差し出す・・・というわけ。手袋は大人用と子供用があります。

餌はヒマワリの種
 
ヒマワリの種を取っては食べて取っては食べて・・・と繰り返すのですが・・・

手袋の上にのっかってヒマワリの種を食べるタイワンリス
 
そのうち慣れて、ご覧のように手の上に乗ったまま食べ始めます。かわいい~^^
 
ヒマワリの種を食べるタイワンリス
 
正面から見ると尻尾が目立ってさらにかわいいですね~。もーりーさん、りすぼんを左手に乗せたまま、自分でも片手で写真を撮影してました。今年の誕生日に新しいレンズを手に入れたのでごきげん。

きみもヒマワリの種くれるの?

隣から小さな女の子もヒマワリの種を差し出すと、「え?キミもくれるの?」といわんばかりのこの表情。なんだか嬉しそうですね^^ りすぼんはなかなかフレンドリーな動物なのかも。

食べた後にはお水もしっかり飲みます
 
おや?!ここにもこんなにかわいいりずぼんがいた!カメラ目線でお水を飲んでおります(笑)。グラビアアイドルになれそうなりすぼんです。

ぼく、もう、おなかいっぱ~い
 
たくさんの人から餌をいっぱいもらえるので、お腹がいっぱいになっちゃったりすぼんは、日向ぼっこをしながら、あるいは巣箱の中でシエスタ(お昼寝)。
 
もうちょっと食べたいんだけど、ぼく、寒くてここから出られない~
 
巣箱に入ったからって眠いともかぎらないみたいで、箱に入ったまま餌をもらっているりすぼんの姿も(笑)。ものぐさ?寒がり?
 
眠くなんかないわ~寒くなんかないわ~
 
かと思えば、あちらこちらを全力疾走しているりすぼんも。流し撮りを狙うさなえさん、イマイチうまくいってませんが・・・この程度でご勘弁(^^;;
 
ジャーンプ!
 
巣箱から巣箱へもジャンプ、ジャーンプ!空中静止画ゲットを目指すもーりーさん、大成功の1枚です(笑)。ぴよょ~~~んっと。
 
よっこらしょー
 
 巣箱へ向かう時にもジャーンプ!あ~ら、よっ、こらしょー。やれやれ、落ちなくて済んだ。
 
ほっといて!あたしは向こうへ渡りたいのよ!
 
走るときは人間の通路を横切ります。しかもかなりギリギリの足元を・・・(^^; 今まさに向こうへ行かんとするりすぼん。その姿、なんだかちょっと、トカゲに似ているなんて思ってしまいました。
 
ところで、雄と雌は見ただけでは分からないのですが、なんでもメスが活発でオスはおとなしいんだとか・・・?!というわけで本日のキャプションは、それに沿って書いてみました(笑)。
 
次回は別の種類のりずぼんの写真をご覧いただこうと思います。どうぞ、お楽しみに♪
 
 
 

2014年1月22日水曜日

今週のなっちゃん(33)ヒヨドリへの威嚇?!


皆さまお久しぶりです。2014年最初の「今週のなっちゃん」です。最初からこんな姿をご覧に入れるのもどうかと思ったのですが・・・^^;

カーテン越しに見えるヒヨドリさんへの威嚇シーンでございます。「カーッカッカッカッ」と、なつこさんは妙な声で鳴いています。尻尾もぶんぶん振り回して。


乗っているのはプリンターの上(笑)。
体勢を低くして・・・
「カーッカッカッカッ」


なっちゃん、
窓が閉まっているから
ヒヨドリさんには聞こえないんだよ~


今度はもっと高いところに飛び乗って・・・
「カーッカッカッカッ」


なっちゃん、
君は本当に目がいいねぇ。
 
 

2014年1月20日月曜日

意図せずに・・・カワセミ撮影に初挑戦

ここは東京、町田市にある薬師池公園です。紅葉も見ごろをとうに過ぎた冬の今の時期には、まだ梅にも早いので訪れる人も少なく、山に囲まれた公園は休日でもシーンと静か。

公園内にある町田市フォトサロンhttp://www9.ocn.ne.jp/~ph.muse/1801.htmlで、中丸三次さんという方の写真展を見ました。中丸さんは小西六写真工業(コニカ)に勤めていらしたという方で、昭和30年代の町田や東京の様子を写したモノクロ写真が展示されていました。当時のフィルムから新しくプリントしたという写真がとても素敵でした。会期は2月16日までで、入場料は無料です。

写真展を見たあとは、公園内にあるお茶屋さんでお昼ごはんを食べました。屋外で食べることになりますが、ちょうど14時すぎのこの時には、テーブルと椅子のある場所にお日様があたり、ぽかぽかと気持ちが良かったです。ダウンジャケットを着ながらおうどんを食べていたら、暑くなってしまったほど。

メニューにはけっこういろいろな種類のおうどんがあったのですが、関東者のわたくしは迷わずたぬきうどんを注文し、もーりーさんはきつねうどんを。
 
彼は「福岡のうどん屋じゃ天かすはタダだよ」なんて言うけれど、それとこれとは話が違うんです(笑)。自分で後から入れる天かすとたぬきうどんは別物です。同じことだと言われても、これはもう、うどんに関する原体験って範疇の話なんですから、一緒にしてもらっちゃ困るんです。誰がなんと言おうと、たぬきうどん万歳!なのですから(笑)。ちなみに、ほかのおうどんにはこれほどの思い入れはまるでありません。不思議なものですよねぇ。
 
ついでに味噌田楽も1本注文しました。どちらも熱々で美味しい~。きりたんぽもあったりして、気になりますね。あ、そうそう、うどんのお値段はそれぞれ300円で、味噌田楽は1本100円。
 
鯉のえさも売っていました。
 
丼を片付けて、お店の写真などを撮らせてもらってからふともーりーさんの方を見てみると・・・声を出さずに彼が手招きしています。池のそばにしゃがみこんでカメラを構えている・・・。ん?何がいたの?
 
お!やっ!!これは、カワセミさんではありませんか~!!!実は本物、初めて見ました。かわいい~~~~~
 
帰宅後に調べてみたら、この公園、カワセミさんで有名なところだったみたいですね。大砲レンズを持った方々が季節によっては大勢集まるみたいです。この日はお一人だけ、目指す構図の位置に三脚をすえて、じっとお待ちの方がいらっしゃいました。今ここにいるのは分かっているけど、これは撮らない・・・といった風情で。う~ん、やっぱりカワセミさん専門の方は違いますねぇ。私達カワセミ初心者は、いるってだけで喜んで、場所などかまわずわいわい撮っちゃう。

・・・と言ってももちろん、息を殺して、じーっと静かに撮影するのですけれど。

1枚目の写真を撮った後、カワセミさんの漁の様子も見ることができました。魚を捕る動きは本当に素早いです。その瞬間を撮るなんて、とてもとてもできませんでしたよ。全然予期せぬ出来事でしたから、自分にとっては・・・。動画にしておいても面白かったかもしれません。首を伸ばすしぐさもかわいいですね。獲物がいたのかな?

レンズもこの日は105mmまでのズームしか持っていなかったので、この大きさが限界です。300mmのズームレンズ、持ってくればよかったなぁ・・・。でも、105mmでこの大きさですから、これはかなり近くから撮れたってことなんです。(35mm換算では157mm程度)

ヤブツバキにもご登場願って、半ば無理矢理の花鳥図にしてみました。網とロープがなければなぁ・・・と、場所などかまわず撮影した初心者も、帰宅後にはそれなりに欲が出ます(笑)。

背中はブルーでおなかはオレンジ。とってもお洒落なカワセミさんでした。(どこにいるか分かるかな?)
 
薬師池公園、とっても素敵なところでした。またぜひ来たいです。もうひとつある甘味処で、次回は焼おにぎりや磯辺巻き、おしるこでも食べたいな。(って、結局〆は食い気の話か・・・)
 

Photo by Sanae Moriyama (except carps' one):
 Nikon D3100, AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR

Carps' photo by Kazuya Moriyama:
Nikon D7000, SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM