2013年5月31日金曜日

庭園訪問記:アカオ ハーブ&ローズガーデン①園内の様子と名物スイーツ


5月24日(金)、熱海にあるアカオ ハーブ&ローズガーデンに、もーりーと二人でカメラを持って出かけてきました。ちょっと写真が多くなりますが、お暇な方はぜひ見てみてくださいね ^^ 長いです。 (1)


私がここにお邪魔するのは5年ぶり。前回はお友達と一緒で、他の熱海観光に組み込んでの来園でした。前回はレストランでのランチも楽しみましたが、今回は時間の関係で園内でのランチは断念(ゆっくり見すぎてランチの時間に間に合わなくなってしまいました ^^;;)。

その代わり、電車で来た前回は重くなるので買わなかったハーブの苗やガーデングッズなどを、車で来た今回はいくつか買うことができました♪ バラの苗なども置いてありましたよ~。(2)

Pierre de Ronsard (Francis Meilland 1987, France)

お店の入り口の花壇にもお花がいっぱい咲いていました。こちらはわが家にもあるつるバラのピエール・ド・ロンサールと、ピンクのジギタリス(Digitalis)の花壇。ステキな組み合わせですね~^^ 真似したいなぁ。(3)

 
受付で入園料を払って園内に入ると、まずはシャトルバスで山の上の方まで連れて行ってもらいます。バスを降りてすぐにあるのが、この日本庭園。こちらは世界最大の松の盆栽なのだそうです。(4)

 
花見台と書かれた展望台からは、相模湾と…(5)
 
 
どうやら桜やスイセンの花が眺められるようでした。5月にはもちろん桜もスイセンの花もみられませんので、この時期はここへの門は閉ざされていましたが、この写真に写っているベンチのある斜面にも、散策路が整備されているようです。春の初めに来てみるのも良さそうですね~^^ (6)
 
 
青空高く羽ばたくトビの勇姿と、(7)
 
 
枝にたたずみ、気持ちのいい海風に吹かれるホオジロの姿も見られました。
 
自分で撮っておいて言うのもなんですが、この写真だけ見ると、熱海が日本のハワイと言われるのもなんとなく分かるような…?初夏のリゾート気分満点♪ (8)
 
 
さて、いよいよローズガーデン散策のはじまりです♪ (9)
 
 
あれ?これは何だ??ローズヒップ???(10)
 
(追記:ポージィさんよりコメントにて、ジューンベリーでは?と教えていただきました^^なるほど~、これがジューンベリー♪教えてくださって ありがとうございます!)
 
 
イングリッシュ・ローズ・ガーデンと書かれたプレートのあるエリアから…(11)
 
Sahara'98 (1996, German)
 
黄色いバラのアーチをくぐると…(12)
 
 
緑の爽やかな木陰の小道がつながっています。素敵!(13)
 
 
バラそのものだけでなく、庭の造りにも興味のいく私達です。(14)
 
 
大胆に傾斜を利用し、ロックガーデンのような造りになっていましたよ~。ダイナミックな植栽に圧倒されますが、ハーブやコケティッシュな黄色いバラの姿に、いつしかうきうきとした気分になってきます♪ (15)
 
 
うきうき感、伝わりますでしょうか~(笑)。日差しが強すぎて、顔は影で真っ暗です ^^;;例の付録のレフ板、こういう日に持ってこないでいつ使うの?ねぇ?せめて白いお洋服にすればよかったな~。
 
華やかでカラフルなバラの洪水にどっぷりと浸かるので、自分自身はかなり地味にネイビーでまとめてみました。な~んちゃって。いや~、暑い日でした。(16)
 
 
上の写真で私が立っている場所を後ろから見るとこんな感じ。ライムストーンで建てられている小屋もかわいくて、コッツウォルズにでも遊びにきたのかしらん?ってな気分になっちゃう一角です。  (17)
 
 
こんなアーチも素敵です♪ (18)
 
Tess of d'Urbervilles (Davis Austin 1998, GB)
 
このスペースは本当にうっとりとするような、かわいくていい香りのするバラがいっぱい集められているんです。バラそのものは写真の整理が出来次第、まとめてじっくりとご紹介いたしますね^^ (19)
 
 
ずいぶんと高台なので、向こうに熱海城まで見えま~す。(20)
 
 
園内、どれほどの高低差があるのかと言いますと…ジャーン!こんな感じ。これを歩いて降りていきます。その道中もバラ・バラ・バラ♪ ヤッホ~♪ (21)
 
 
ちょっとした階段もこんな風に、もういちいちかわいいんですよ~。エリゲロンと黄色いビオラが階段の両脇にびっしり。(22)
 
 
あぁ、木陰の白いジギタリス(Digitalis)、涼しげでいいですね~。(23)
 
 
アイアンのゲートの近くには小さな花をつける華奢なバラ。棘も少なめですね。(24)
 
 
両脇バラの小道を、斜面に沿って蛇行しながら降りていくようになっています。これを楽園と呼ばずになんと呼ぶ?!(25)
 
La Sevillana(Francis Meilland 1978, France)
 
どこを切り取っても絵になりますねぇ~。うっとり。(って、これを撮ったのは私じゃないけど・笑)
 
真っ赤なバラと、濃いピンクのジギタリスの組み合わせもいいですね~。ラ・セビリアーナという名のバラだけに、強い日差しにも映えて、スペインっぽさを感じさせてくれる色あわせ。(26)
 
 
情熱的なバラの香りや色彩に囲まれて、さぁ、あなたも勇気を出して意中のあの人にプロポーズをしちゃってね♪ のベンチ。その前に、ここへのデートに誘わなきゃなりませんけどね。ドキドキ。
 
実はこのローズガーデン、結婚式もできるんですよ~。バラのシーズンにローズガーデンでウェディングなんてすごく魅力的ですよね ^^ (27)
 
 
ウェ~ディ~ング・ベェェェェェ~ェ~ル♪ (28)
 
 
しかし、愛をささやき合うよりもアイスを食べるほうに興味のあるワタクシは、鐘を尻目にさっさと白いパラソルの下へ急ぎます(爆)。さぁ、休憩休憩~。 (29)
 
 
まいう~^0^ 1個600円でも外せませんッ!バラのアイスクリーム♪ バラジャムがいい香りで、食感はジェラートのようなさっぱりタイプ。
 
もちろん、前回来たときもしっかりいただきましたよ~。以前はローズハウスという海の見えるティールームで出されていたのですが、建物を移設中とのことで、パラソルの下での休憩となりました。(30)
 
 
もと来た道を振り返って見ると…ほとんど山ですね(笑)。こんなところに延々とバラの園があるわけなんですよ。すごいでしょう?バラだけでなく森林浴も楽しめる感じ♪ (31)
 
 
誘う前は嫌がるかな~と思ったもーりーも、かなり楽しんでいたようでご覧の通りの満足顔です(笑)。
 
だいたいですね、本日の写真はほとんど全部、もーりーさんの撮った写真ばかりなんですよ~。私はマクロレンズで花のクローズアップばかりを撮っていたのですが、もーりーは広角レンズで、全景をしっかり撮ってくれていました♪ サンキュー!そんなわけでの「まかせてちょ!」ポーズ、決まってますね!(32)
 
 
まぁ、後で撮った写真の見せっこしたら、こんなんお遊び写真もけっこういっぱいありましたけれども(^^;; イングリッシュローズのズーム流しバージョン(笑)。せんでいいって…。(33)
 
 
こういう目のつけどころも、男らしい?うふん♪
(それにしても後ろのホスタのでかいこと!)(34)
 
 
そうかと思えば、こ~んな乙女な写真も撮っていたり…。もーりーさん、楽しんでますねぇ。葉っぱイルミネーション♪
 
反対に、私はこういう遊び全然しなかったな~。バラに夢中になりすぎて、ある意味まったく余裕無しでした(^^; ダメだねぇ。 (35)
 
La Sevilliana & Sahara '98
 
真っ赤なラ・セビリアーナと黄色いサハラ’98という日本人離れした感のある大胆な組み合わせのアーチにびっくりしつつも、照りつける太陽の下ではこの色合わせがなんとも素敵に見えてくるから不思議。ここが日本だということを忘れてしまいそうになります。フラメンコギターが聞こえてきそう(幻聴)。あぁ~、ここでサングリアでも飲みたいなぁ。(36)
 
 
バラ園散策もいよいよ終わり。(37)
 
 
スーッとする香り漂うハーブガーデンを抜けると…(38)
 
 
ハーブ工房のハーブ盆栽の鉢の中に、ピーターラビットを発見♪
いろいろなハーブクラフト体験もできるようです。 (39)
 
 
海を眺めつつエントランスまで歩いて下ります。(40)
 
 
ワンちゃんと一緒に来てもOK!
(このワンちゃん、触らせてもらっちゃいました~♪
よねちゃんと呼ばれていましたよ ^^ かわいい~)(41)
 
 
たっぷり4時間もかけて歩いたバラ園散策の〆は、ハーブショップのラベンダーソフト(370円)で決まり!これまた素敵な色合いと香りの美味しいソフトクリームなのでありました。あ~、幸せ~♪ (42)
 
だらだらバーチャルツアーに最後までおつきあいくださった方、お疲れ様でした&ありがとうございました。バラの写真をたくさん撮ってきたので、整理が出来次第、順次アップしたいと思っています。日付はランダムになってしまうかもしれませんが、どうぞ楽しみにしていてください。明日はバラ以外の花を先にお届けしますね ^^
 
*8,9,21,32,39,42の写真は私の撮ったもので、それ以外はすべてもーりーの撮った写真です。
 
 
 

2013年5月30日木曜日

お手頃で美味しいFélix Foulleyのシャブリ

 御殿場のアウトレットに時々行くのですが、そこに新たな楽しみがまたひとつ。4月の終わりにワイン専門店のエノテカさんが出来たのです♪ わ~い、嬉しい~^^

 さっそくお店をのぞいてみると、入り口付近には赤白数種類を自由に組み合わせられる【2本で2100円】というコーナーが。店員さんに相談しつつ、ワインを選んでいる方の姿も見られます。

 他にはどんなものがあるのかな?と棚をあれこれ見ていると、手頃な値段のシャブリを発見。2000円切っています。アウトレット価格なのかな?近場のワインを扱う酒屋さんでは3000円以下のシャブリは見たことがなかったので、これに即決。安いアウトレットと言えども、さすがに専門店なら変なものは出さないだろうという考えで…。(後からオンラインショップを見たら、同じものが同じ値段でしたが…。)

 うっすらと見えるラベルの文字からもお分かりになるように、シャブリというのはフランスはブルゴーニュ地方の白ワインのこと。シャブリ地区で作られるワインという意味の名前で、使っている葡萄はシャルドネ種。キリっと冷やすと美味しい白ワイン。辛口に分類されています。

 で、こちらのFélix Foulley(フェリックス・フエと読むそうです)のChablisは、香りもよく、辛口といってもドライな感じではなくて、けっこうフルーティー。水っぽくなくてコクもちゃんとあり、とっても美味しいワインでした ^^ あっという間に1本を二人で空けてしまいました(笑)。

シャブリと一緒に楽しんだのは、今が旬のあさり♪

ボンゴレ・ビアンコと、アスパラガスをさっと茹でたものというシンプルで軽めな食事にして、ワインの味を楽しみました ^^

 これに気を良くした私達は、そのひと月後も、再びエノテカさんでワインを3本も買ってしまいました(笑)。まだ飲んでいませんが、美味しかったらまたこちらでご紹介したいと思います。アウトレットに行く楽しみがまたまた増え、大好きなワインも安く美味しいものが手に入るようになってとても嬉しいです。



 

2013年5月29日水曜日

わが家の庭から(22)スカビオサ、ラベンダー、コモンタイム、イブキジャコウソウ

スカビオサ(=セイヨウマツムシソウ Scabiosa atropurpurea
 
昨年の夏の終わりごろに開花苗を植えたスカビオサが、春先から元気に花をつけ始めました。わが家の花壇で今一番元気に咲いているのはこのお花。1年草、2年草、多年草といろいろな種類があるそうなのですが、これはどのタイプなのでしょうか。この夏、花後の様子を要チェックですね。
 
レースラベンダー(Lavandula multifida
 
ラベンダーも咲き始めました。これは5年ほど育てているレースラベンダー。ベランダでひと鉢で育てていたものを、昨年地植えにする際に、2つに株分けしました。木質化させたくなくてちょっと剪定を強めにしすぎちゃったかな?今年の花は今のところちょぼちょぼです(^^; これからどんどん咲いてくれるでしょうか…と期待。(→ 日ごとに少しずつ増えてきました。)
 
と、ここまで書いて、ふと気になることが・・・。これってたしかに買ったときはレースラベンダーだったんですが、今見ると花や葉の形などが全然レースラベンダーじゃなくなっちゃってるんですよねぇ・・・。なんか、線形葉の、普通のラベンダーになってきているような?そんなことってあるのかな???ちょっと不思議。
 
枝の柔らかさや、茎の途中から花がもういくつか咲きそうな(房咲き?)あたりはレースラベンダーの特徴を残しているような気もしますが…。もう少しこれも経過を見守ります。
 
コモンタイム(Thymus vulgaris
 
コモンタイムも日当たりの良い表の庭に2株。小さな白い花をつけますが、葉っぱだけの時にも甘い香りが漂います。
 
コモンタイムは乾燥を好むので、地植えなら直接は水遣りをほとんどしなくても大丈夫なくらいです。まわりにあるほかの植物への水遣りだけでタイムの分もまかなわれているみたい。ラベンダーの水遣りも同様にしています。よほど乾燥が続くとかでないかぎり、直接はほとんどあげてません(笑)。それでも元気いっぱいです。
 
タイムは肉料理の香りづけにも良いですが、煎じて飲むと咳止めやのどのイガイガ緩和に役立つので、ひとつ植えておくと大変便利です ^^
 
イブキジャコウソウ(Thymus quinquecostatus
 
イブキジャコウソウもタイムの仲間で、こちらは日本に自生する品種です。日本の風土に合っているせいか、半日陰や酸性よりの土壌でも良く育つようです。わが家では3種類のブルーベリーの株元に、このイブキジャコウソウをグランドカバーとして3株植えています。どれものびのびと育ってくれていて、ブルーベリーも今のところ順調です。
 
 
 


2013年5月28日火曜日

今週のなっちゃん(15)ジャガイモ「袋」畑の番猫、その後

 お、いたいた、なつこさん。今日もわが家のベランダで、ジャガイモの「袋」畑の番猫をしてくれています(笑)。
 
 ジャガイモは男爵が順調に生長中~♪ つぼみがつき始めたので、2回目の増し土と追肥を施しました。(写真はその作業の前の状態です。)
 
まかせてニャ!今日もしっかり監視中~♪
 
(って、いったい何を…?!)