2011年8月21日日曜日

イギリスのスーパーで買える、匂いのキツクない洗剤類

 本日は洗剤類のお話です。まず、私は、人工的な匂いのキツイ洗剤類が苦手です。そんな私が現在お洗濯に使っているのが、上の写真の3点です。こちらは全てテスコで買うことの出来るもので、左からいわゆる重曹のようなものでDri-PakというメーカーのSoda Crystals(1kg £0.90)という商品と、真ん中がテスコのPB商品の洗濯洗剤(1.5l £4)、そして右が同じくテスコの柔軟剤(750ml £1.02)です。

 現在使っている洗濯機は、家具つきアパートメントにもともと備え付けられていたドラム式のもの。こちらは一度扉を閉めてスイッチを押すと、途中で何かを追加したりは出来ません。洗剤類は最初に予め全て所定の場所に投入します。洗濯のプログラムもだいたい一定で、おおまかに言えば予洗い、本洗い、すすぎ、脱水の手順。使うお水はもちろん水道水なので、日本に比べると硬度の高いお水となります。また水の温度が選べるようになっていますが、30度くらいの湯温がイージーケアとして書かれているので、それにならってそのままその温度で洗っています。時々もーりーさんが出張に行った後なんかだと作業着が汚れていたりするので、その時だけ60度くらいの湯で洗えたりもして、このあたりはとても便利です。反対に水でないと縮むものなどはコールドを選んで洗濯をします。

 わが家の衣類は夏なら綿がほとんどで、少しだけ麻やシルクが加わります。こういった素材の薄物の洗濯に、湯温30度で洗剤を二度とも使った予洗いと本洗いは、個人的にはトゥーマッチという気がします。なので、わが家では洗うものによって予洗いにソーダクリスタルを使い、本洗いにのみ洗剤を使う、というやり方をしています。汗もかかず、たった1回だけ着たようなものなら重曹だけで洗っても良いくらいなので、洗剤を入れるのは本洗いの方だけでもいいかなというわけです。ソーダ・クリスタルは重曹とほとんど同じような使い方をするものなので、洗剤の洗浄力を助け、水を柔らかくします。またそれだけでも柔軟剤の役目も果たします。そして匂いも取ります。そして最後は少量の柔軟剤。湯で洗うとタオルなどはカサカサになるので、柔軟剤も使っています。(ただし、ソーダクリスタルも重曹も、入れ過ぎると衣類を傷めることもあるのでほどほどに。量を加減して・・・。)

 この洗剤と柔軟剤は両方とも、それほど強い香りはありません。使いすぎると洗いあがったものから洗剤の匂いがしてきますが、普通の量なら気になることはないでしょう。洗濯機に投入するときも、匂いでむせるというようなこともありません。(ちなみに日本では、結婚した時からずっとアラウを愛用しています。)

 ただし、同じテスコのシリーズでも、お風呂洗い用のスプレーボトル式洗剤は匂いが強いです。他のお風呂用洗剤に比べればましなのかもしれませんが、それでも強いと感じます。私は現在それを使っていますが、いつも「ソーダ・クリスタルだけで洗うほうがいいかな~」と思いつつ、少しだけ使うという方法で、そのままごまかしごまかし使い続けています。そちらはあまりおすすめではないので、写真は載せません。同じシリーズなので大丈夫かと思ったんですけどね・・・。

 お次は食器洗い用の洗剤です。こちらは手洗い用のもの。私は食器洗い機を使っておりません。家具つきアパートメントのキッチンには食器洗い機も付いているのですが、1回の稼働時間がものすごく長い気がして、音がその間うるさいので使っていません。

 全てを手洗いするとなると、やはり使う洗剤は慎重に選びたいものです。日本ではコストコでアイボリーをまとめ買いして、それを小分けして使っていました。実家でも以前よりこれを使っていました。アトピー(かなりの重症)に長いこと悩まされた兄もアイボリーなら大丈夫です。(兄のアトピーは現在はほぼ完治。)もちろんアイボリーも人によっては香りが強いと感じる方もいらっしゃると思いますが、私はこれはそれほど気にはなりません。

 ここにもコストコはあるのですが、アイボリーは見当たりませんでした。それに何年も暮らすのではないので、コストコで洗剤をまとめ買いするのは多すぎますから、やっぱり毎日の買い物に利用するテスコでそれも探します。みつけたのは2番目の写真のもの。Surcareという洗剤で、こちらはフリー・フレグランス。つまり無香料の洗剤です。今は夏なので食器洗いもだいたいお水でしていますが、油汚れの落ちも問題ありませんし、水切れも悪くありません。それに手荒れもせず、とても気に入って使っています。商品サイトに出ている価格は450mlで£0.88です。

 ただし、この洗剤を冬の時期は使ったことがないので、そのままの使用で手荒れがしないかどうかは分かりません。私ももし冬もこのままイギリス暮らしをするとなったら、ひょっとしたら食器洗い機を使うかもしれません。その方が手荒れは防げるかもしれないので。どうでしょうか?

 また、Surcareのシリーズにも洗濯用洗剤があるようです。そちらも良いかもしれませんね。

 以上が、現在の私のイギリス生活で使っている洗剤でした。今回は環境に配慮したものという点よりもむしろ、使っていて匂いが気にならないものという点を優先して選んだので、その品質的なことや成分的なことは分かりません。気になる方はそれぞれのサイトをチェックしてみて下さい。ちなみにテスコでは日本でも時々見かけるベルギーのエコベールの商品も買うことが出来ます。私もエコベールはアメリカで使ったことがありますが、それも悪くないと思います。ただ、値段は今回ご紹介したものより少し高めになります。(テスコにて、洗濯用洗剤1.5l=£4.57、柔軟剤750ml=£5.62、食器洗い洗剤1l=2.25です。)

 *価格はネットで調べたのであくまでも参考ということで。実際の店頭とは異なる場合があると思います。


4 件のコメント:

LiLA管理人 さんのコメント...

そっちの食洗機も音がうるさいんですね.以前アパートメントに住んで居た頃,備え付けの食洗機の騒音がたまりませんでした.洗濯機もかなり音がするし.大きな音がするほうが,ちゃんと機械が働いてるって思っちゃう人々なんですかね.
家の家電を買い揃えたときは,なるべく静音のタイプを選んだほどです.

Sana さんのコメント...

★LiLAさん、おはようございます。食洗機も洗濯機も冷蔵庫も、そして極めつけは換気扇ですが、それぞれかなりの大きな音です(笑)。アメリカで暮らしていたアパートメントと比べると・・・どっこいどっこいですかね?!冷蔵庫はアメリカでの方が音が大きかった気がしますが、換気扇は明らかに現在の家の方がうるさいです。なるべく使いたくないと思うほど・・・。

静音タイプというものも売っているのかなぁ、、、ここでも。あってもそういうのは価格帯がひとつ上の商品ってな感じになるんですかね~、やっぱり。

掃除機も大きな音ですが、これは「吸い込み良さそう」な気が私もしてしまいます(笑)。

アン さんのコメント...

Sanaeちゃん、長くご無沙汰しました。
PCも開けず、開いても自分のがやっと!と言う
日々を送っていました。
今日、ようやく皆様のところにもお邪魔出来て、
フフッ、一気に拝見しましたよ。
ツムジはトーマスファンなのですが、私はてっきり
フジテレビ生まれと思っていました(笑)。
私も絶対猫ちゃんを見かけると話します。勝手に
名前を付けて呼ぶと、目を細くしてくれればOK!
心を許してくれたと早合点しているんですよ。

ブログでは詳しく書けないのですが、又休むかも
知れませんが、私はいたって元気ですからご安心を!

Sana さんのコメント...

★アンさん、こんばんは!お元気そうでよかったです(^^)お読みいただきありがとうございます。ツムジくんもトーマスがお好きなのですね。子供好きなものは世界共通なんですかね。先日も真っ黒くて大きな猫ちゃんに会いました。龍くんみたいな猫ちゃんです。