2009年10月29日木曜日

ゆとりの空間とブラウンライス

10月28日(水)は恵比寿の「ゆとりの空間」で、
数年ぶりに会うお友達とランチをしました。

こちらのランチをいただくのは数回目ですが、
水曜日のランチバイキングは初めて。
栗原はるみさんのお店です。

写真は私の第一ラウンドのお皿の様子(笑)
これはほんの一部で、
他にもたくさんのお惣菜が用意されていました。

右から
白身魚のタイ風煮込み、
コロッケ、
切り干し大根、
かぼちゃの煮つけ。

第二ラウンドでは、
サラダ、
バジルパスタ、
鳥の唐揚げ、
などをいただきました。

白米のほかにひじきご飯もありました。
お味噌汁もごまの風味が効いていて美味しい。

デザートにはパンナコッタと白玉ごま汁粉の
2種類を両方ともしっかりいただきました。

プラス料金で食後の珈琲も♪
(お食事中の飲み物はお冷やお茶を、
グッドタイミングでサーブしてくださいます。)

どれも家庭的な味で、
本当に美味しかったです。
大満足(^^)

平日なのにお客さんもたくさん。
それでも、
待ち時間には雑貨売り場を見つつ、
自分たちの順番はあっという間でした。

食事の時間は90分と長めなので、
おしゃべりしながらゆっくりと食べられるのも良かったです。
また是非水曜日に食べに来たいと思いました。

(料理名は私の記憶なので、
正しいものではありません。)

食事の後は代官山に立ち寄ってから表参道へ移動。

アロマテラピーのお店をいくつか見て、
ティータイムにはニールズヤードのカフェ、
ブラウンライス 」へ。

季節のハーブティと、
ビューティフルスキン、
ディストレス
という3種類のブレンドハーブティをそれぞれオーダー。
小さなジンジャークッキーもついていて、
お茶もクッキーもとっても美味しかったです。

中庭のオープンテラスで過ごしました。

夕暮れ時にハーブティの色がとってもきれい。
ここでもまたのんびりとおしゃべりの花を咲かせ、
暗くなった5時に解散。

数年振りの楽しい再会はあっという間のひと時でした。

楽しそう!食べに行ってみたい!と思っていただけたら、
↓クリック↓よろしくお願いいたします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ


2009年10月27日火曜日

アジフライおろしポン酢添え

もーりーの大好物のアジフライ。

開いたものを買ってきて、
衣をつけて揚げました。
うまく揚がったと思ったら、
尾が取れちゃった…。
ガクッ。

どっさりキャベツと、
サッパリおろしポン酢を添えました。
この組合せ、めっちゃ美味しい!!

「大根おろしに医者要らず」と言うそうですが、
いろいろ調べてみると面白い。
揚げ物に大根おろしを組み合わせると、
消化を助けてくれるのだとか。
また、大根おろしに酢をあわせるのも、
これまた相乗効果があるのだそうです♪

明日、福岡から義妹が来るので、
今夜のうちからおでんをたくさん準備しました。
(昼間は迎えに出かけ、ご飯の準備ができないので。)

大根おろしはその切れっぱしを使ったのですが、
美味しいと感じるだけでなく、
食べた後もおなかに優しい食べ方なのですね!


おいしそう!と思っていただけたら、
↓クリック↓よろしくお願いいたします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ


2009年10月26日月曜日

葛湯豆腐とピリ辛チャンプルー

曇り空と雨の、寒い日が続いていますね。
昨夜の夕飯は寒いときならでは一品。

葛湯豆腐。
葛といっても
片栗粉でとろみをつけた「もどき」ですが、
とろっとした出汁が身体を温めてくれます。

出汁は昆布と干椎茸を水で長時間戻したもの。
鍋物の季節には、
これを冷蔵庫にいつもストックしています。
干椎茸はそのままスライスして
湯豆腐の具に加えました。
あとは長葱を斜め薄切りで。

熱々のところを、
柚子を使ったポン酢醤油でいただきます。

先日キッコーマンの「ゆずか」というのを買ってみましたが、
とても良い香りで気に入りました。
美味しいです。

それまでは福岡のニビシのを使っていました。
それもよかったのですが、
現在の住まいではちと手に入りにくい。。。

醤油や醤油加工品も
土地によりさまざまですね~。
住む場所により、
いろんなものを楽しんでいるわが家です。

もう一品は豚肉とピーマン、たけのこを
ピリ辛に炒めて、最後にたまごを加えたもの。
湯豆腐の出汁をとった昆布も細~く切って
こちらの炒め物の材料に。

味つけは豆板醤とお味噌
味噌は酒とみりんで溶いてから使いました。
炒め油はごま油を少々。
隠し味にお醤油もほんのちょっぴり。

あっさりした湯豆腐とピリ辛チャンプルーを、
炊きたての雑穀ご飯でいただきました。
とっても美味しかったです。
ご馳走様♪

おいしそう!と思っていただけたら、
↓クリック↓よろしくお願いいたします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

2009年10月25日日曜日

レンティル・スープ(レンズ豆のスープ)

休日の朝ごはんにスープを食べるのがとても好きです♪
セロリと胡椒を効かせた、
スパイシーなレンティル・スープはいかがですか?

独身の頃に旅行で訪れたNYの、
スープスタンドの味を再現してみました。
(グロッサリーの片隅)

チキン、チックピー、レンティルなどなど。
いろんな種類の「本日のスープ」に
クラッカーかパンがついて、
2ドル50セントくらいでした。

日替わりスープがどれも美味しく、
大きなカップでおなかいっぱいになります。
寒い冬の滞在中、毎朝通いました。

------------------------------

【レンティル・スープ】

材料(3~4人分)

レンズ豆 1合
チキンコンソメ 1個
水 400cc + 適量
ローリエ 1枚

ニンニク 1片
玉ねぎ 半分
セロリみじん切り 大匙2
バター 大匙1

トマト水煮(ダイス) 大匙2
黒胡椒 たっぷり
塩 少々

①レンズ豆をさっと洗い、
水400ccとチキンコンソメ、ローリエで煮る。

②ニンニク、たまねぎをみじん切りにして、
セロリと一緒にバターでゆっくり炒める。
(全体がとろ~りと柔らかくなるまで。)

③①と②を合わせて、
30分くらいことことと煮る。
(煮詰まって水分が足りなくなったら、
適宜水を加える。
煮る時間はいくら長くなってもOK!)

④食べる直前にトマト、黒胡椒を加えて、
塩で味を調える。
(トマトを入れてからはあまり煮込まないこと。)


------------------------------

「カレー?…じゃなさそうだよね?」

という反応も面白いスパイシーなスープ。
黒胡椒は思いっきりガリガリと挽いて入れましょう♪
塩は控えめでも美味しく仕上がります。

お好みでベーコンなどを入れてもOK!
ダイスに切ったじゃがいもや人参を加えて、
カラフルにボリュームアップしていいかも☆

たまごミートローフ

もーりーの帰宅時間が遅く、
はっきりと時間が読めないときには、
オーブン料理を作ることが多いです。

早めに作り初めて、
あとはオーブンにおまかせ。
帰り時間のお知らせをもらってから、
もう一度温めなおします。

この日もそんな夕飯。
作ったのはゆで卵入りのミートローフです。

(写真がちょっと暗くなってしまって見にくくてすみません。)

-------------------------------

【たまごミートローフ】
*耐熱ガラスのパウンド型使用

材料(8×20cmのパウンド型1つ分)

合挽き肉 300g
にんにく 1片
玉ねぎ 1個
人参 半分
バター 大匙1位
ナツメグ 少々
塩・胡椒 少々

ゆで卵 3個

ソース 大匙3
ケチャップ 大匙3

①にんにく、玉ねぎ、人参をみじん切りにする。

②耐熱ボールに①とバターを入れてチンする。
(600wで1分くらい。様子を見ながら。)

③②の粗熱を取ってから、
合いびき肉、ナツメグ、塩・胡椒を入れてよく練る。

④パウンド型の3分の1まで③のタネを敷き詰める。

⑤殻をむいたゆで卵を④の上に置き、
残りのタネを入れて形を整え、
上にアルミホイルを被せる。

⑥200度に予熱したオーブンで20分焼く。

⑦アルミホイルを外して、更に20分焼く。

⑧型の中に浮いている肉汁と油を、
大匙2杯分くらいフライパンに取り、
ソースとケチャップを合わせて弱火で煮詰める。
(油が多い場合は
キッチンペーパーなどで吸い取って取り除く。)

⑨型に入れたまま
ナイフでミートローフを切ってお皿に盛り付け、
ソースをかけて出来上がり。

-------------------------------

ゆで卵は殻のむけるギリギリのところで、
半熟に茹でるのがコツです。
オーブンで焼くうちに固ゆでに近く仕上がります。
くれぐれも事前に茹ですぎないように。

ハンバーグやスコッチエッグにも似ていますが、
油をまったく使わないので、
ミートローフは意外とヘルシーかも?!
ひき肉の油や肉汁が溶け出ますが、
型の中に一緒に納まったまま焼き上がるので、
とても柔らかく仕上がります。
(パサパサになりにくい。)

型よりはだいぶ縮みます。


おいしそう!と思っていただけたら、
↓クリック↓よろしくお願いいたします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

豚の味噌漬け

自家製味噌を使って、
豚肉の味噌漬けを作りました。

とんかつ用のお肉二枚分で、
下記のつけだれ分量です。

つける時間はお好みですが、
この日は3時に用意して、7時の夕飯に。
3~4時間の漬け時間だと、
アッサリとした優しい味のトン漬けができます。

一晩漬ければしっかり味に。

ご飯との相性バッチリです!

-------------------------------

【豚の味噌漬け】

材料(二人分)

トンカツ用豚ロース肉 2枚
みりん 大匙3
酒 大匙3
味噌 大匙2

①みりんと酒を鍋に入れて火にかけ、
アルコールを飛ばす。

②火を止めてから味噌を溶き入れる。

③ジップロックに②のタレと豚肉を入れてよくもみ、
冷蔵庫で3~4時間味を染込ませる。

④波々フライパンを使い、
油を落としながら両面をよく焼いて出来上がり。

-------------------------------

薄切り肉を漬け込んで、
野菜と一緒に炒めても美味しいです。

*使っているお味噌は麦味噌です。


美味しそう!と思っていただけたら、
↓クリック↓よろしくお願いいたします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

2009年10月23日金曜日

韓国の生姜茶 Ginger Han Tea

本日ももがちゃんにもらったもの。
上海に行っていたはずなのに、
持ってきてくれたのはなぜか韓国のお茶(笑)。

(いや、ちゃんと上海土産もいただきましたが。)

韓国語は読めませんが、
幸い英語表記あり。

Ginger Han Tea.

生姜…茶?
Hanが何かは分かりませんが、
生姜の飲み物らしいということは判明。

(って、もらう時にも説明してくれたけど。)

一袋で300ccくらい飲めるとのことだったので、
まずは半分飲んでみました。

それが、これ。
ちゃんとほんのり甘く味つけされています。
飲みやすい味で美味しい。

カーッとのどに来ます。
そして体がポッカポカに!

生姜の威力、ここにあり。
そういえば夏でも腹巻してたっけ、彼女。

(クーラーの中でのことです、よ。)

面白いものをどうもありがとう☆

飲んでみたい!と思っていただけたら、
↓クリック↓よろしくお願いいたします♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

セロリ


写真は先日もがちゃんが持ってきてくれた、
誕生日プレゼントのセロリ(笑)。

私はずーっとセロリが苦手だったのですが、
最近は煮込みやスープに
刻んだセロリを入れるのがお気に入り。
みじん切りにしたものを
冷凍庫にストックしてありました。

ちょうどそれも無くなって、
そろそろまた買おうかな~と思っていたところ。
なんてグッドタイミング☆

一年草だそうですが、
季節的にはまだまだ食べられるそうなので、
どんどんいただこうと思っています。
外側からはがして食べると、
新しいのが育ってくるそう。

土曜日の朝ごはん用に、
レンティルスープを作ろうかな~。
(レンズ豆のスープ)

2009年10月22日木曜日

ふろふき大根ごま味噌だれ

昨夜はさっそく自家製味噌を使って、
ふろふき大根のごま味噌だれを作りました。

大根は昆布と干椎茸の出汁で柔らかく煮て、
ごま味噌だれは以下の分量で作りました。

--------------------

【ごま味噌だれ】

材料(二人分)

味噌 大匙1
白ごま 大匙半分
砂糖 大匙1
みりん 大匙1
出汁 大匙2

すり鉢で味噌とごま、砂糖をすり、
みりんと出汁を加えて混ぜたら、
電子レンジでチンする。

(600ワットで1分やると
ふつふつと煮えてきます。
かけすぎに注意。
様子を見ながら、ね!)

--------------------

ごま味噌だれに使う出汁は、
大根を煮た煮汁を加えました。

昨夜は豆尽くし。
ひじきと大豆を煮た五目豆。

わが家のお弁当のおかずの定番ですが、
最近はお弁当を持っていっていないので、
作るのはかなり久しぶりです。

ほっとする美味しさ。

豆腐とワカメのお味噌汁も、
もちろん自家製味噌を使いました。

出来上がったお味噌を試食した時は、
ちょっとしょっぱいかなと思ったのですが、
味噌汁に使ってみたら、
辛すぎることなくちょうどいい。

ご飯も十五穀米にして、
キャベツは浅漬け風に。
(「博多キャベツのうまたれ」使用)

粗食夕飯でしたが、
自家製味噌をしっかり味わい満足♪

お味噌は、
焼きおにぎりにしても
美味しそうだと思いました(^^)
今度やってみよ~う。

今朝ようやく咲いた朝顔。

夏の間は全く咲かなかったのですが、
毎朝「一輪ぐらい咲いておくれ~」と唱えつつ(?)水やり。
季節はずれだけど、嬉しいです。

咲いてくれてありがとう☆


2009年10月21日水曜日

自家製味噌

昨年の10月に仕込んだ味噌を解禁しました。ちょうどぴったり、一年間熟成させたものです。材料は大豆、麦麹、天然塩。すべて九州産のもの。九州はやっぱり麦味噌ということで、麦麹を使いました。材料の調達は主に各地の道の駅です(笑)。
 
4月の引越しの時も大事に移動させました。半年前には薄い色だったのに、一年経ったら、かなり濃い色の味噌ができました。一度もかびも生えずに優秀!ひょっとして味噌樽の上に置いた、赤唐辛子のざるのおかげかな?!塩も結構使ったので、麦味噌といえども、味は辛めかもしれません。

仕込んだ当時は福岡県の苅田町(かんだまち)に暮らしていました。なので「苅田味噌」とラベルを。「引越し味噌」にしようかとも思いましたが(笑)。

500gずつ袋に詰めて、実家と親戚のお家に持って行きました。我が家も今夜さっそく、この味噌を使ってお料理します。どんな味にできたか楽しみ♪ これが美味しかったら、今年は米麹の味噌を仕込もうかな~。
 
 
【後日記】
自家製お味噌はとても美味しかったのですが、その後なかなかもう一度チャレンジにはいたっておりません・・・。(2013年10月記す)

2009年10月20日火曜日

キッシュ・ロレーヌ

お友達のもがちゃんが、
仕事の帰りに上海旅行のお土産を持ってきてくれました。
今日はご主人の帰りが遅いということで、
それならと、一緒に軽めの夕飯を食べました。

作ったのはベーコンを使ったキッシュ・ロレーヌ。
こちらを参考にさせていただき、
わが家の型やオーブンの大きさに合わせて、
分量や焼き時間を調節しました。

従妹のつーつーも仕事帰りに合流して、
四ヶ月ぶりに女三人でおしゃべり&お食事♪
小一時間ばかりでしたが、
うわーーーっと盛り上がり、
名残惜しいまま20時前にはお開きに。

肝心のキッシュはというと、
かなりリッチなお味だったので小さいカットで食べましたが、
結局みんなおかわりをしてくれて、きれいに完売!
とっても美味しかったです♪

もがちゃんには上海土産の真珠の粉(!)と、
誕生日プレゼントに
セロリの苗を二ついただきました。
彼女らしいプレゼント!

つーつーがデザートに買ってきた、
サーティーワンアイスも美味しかった~☆

二人ともありがとう!
楽しかったです!!

おいしそ~う!と思っていただけたら、
↓クリック↓していただけると嬉しいです♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

以下は自分のためのレシピ覚書。

【キッシュ・ロレーヌ(20cm)】

材 料

〈生 地〉
強力粉 100g
薄力粉 30g
バター 80g
塩 少々
卵 1個

〈フィリング〉
ベーコン 100g
とろけるチーズ 適量*
卵 2個
生クリーム 150cc位*
塩・胡椒 少々
ナツメグ 少々
粉チーズ 大匙1位

①バターはサイコロ状に粗く切って、
冷蔵庫で冷やしておく。

②粉を合わせて麺台に広げ①のバターをあけ、
スケッパーで小さく切るように粉と混ぜ合わせる。

③バターと粉が混ざって粒状になったら、
卵を割り入れ、スケッパーで全体をサッと混ぜる。

④手でひとまとめに丸め、
ラップをして冷蔵庫で休ませる。
(10分くらい)

⑤ベーコンを刻んでフライパンで乾煎りし、
油が出てきたらキッチンペーパーにあけ、
余分な油を吸わせる。

⑥麺台に打ち粉をしてから、
④の生地をタルト型の大きさに伸ばす。

⑦生地を型に貼り付け、
底にフォークで小さな穴をたくさん開けておく。

⑧生地の上にオーブンペーパーを広げて重石をのせ、
200度に予熱したオーブンで10分空焼きする。

⑨⑧の生地の粗熱をとり、
冷めてからとろけるチーズを敷きつめ、
上から⑤のベーコンを重ねる。

⑩ボールに卵を割りいれてほぐし、
生クリームと軽く混ぜ合わせる。
塩・胡椒・ナツメグも加えて、
⑨の上にそっと流し込む。

⑪上から粉チーズを振る。

⑫180度に予熱したオーブンで40~45分焼く。
途中で焼き色がちょうど良くなったら、
これ以上焦げないようにアルミホイルを被せる。



北九州トラディッショナル 焼きカレー

2008年は北九州市の近くに暮らしていました。
今思い返しても、
九州には本当にいろいろな食べ物があったなぁ。
食文化が豊かで、発想もユニーク!という印象。

辛子明太子や長浜ラーメン、
モツ鍋、長崎ちゃんぽんは当たり前。
チキン南蛮もすっかり全国区。
トルコライスも関東でもちらほら見かけるようになったし。
ぬかで魚を炊いた「じんだ煮」も美味しくて大好き。
鹿児島のあく巻もおいしかったな~。

各県、それぞれの美味しさがあるのです♪
長崎鹿児島佐賀旅行記=

瓦そば…は、お隣山口県名物でした(笑)。
でも福岡でも時々見かけた面白メニュー。
(注:↑ 関東人にとっては、という意味 ↑)
初めて食べたのは、
北九州出身のお友達の家でしたし。

と、まだまだいっぱいあるはず…。
挙げきれないほどに。

さて、本日のエントリーは焼きカレー。
北九州の門司港レトロ名物です。
と言っても、
実はお店では食べたことがないままの知ったかぶり~(汗)。
門司に遊びに行ったときは、
お寿司を食べてしまったのです。
何しろ海が目の前ですから…。)

はて、焼きカレーって何?
Wikiを見てみよう♪


そうは言っても、
テレビなどでしょっちゅう見ていた焼きカレー。
食べてみたいなと、
先日カレーがたくさん残った時に、
自宅で真似て作ってみました。
(作ったのはもう1週間くらい前・・・。)

①残り物の煮詰まったカレーを
少し緩めに溶いてからご飯にかけ
②とろけるチーズをのせて
③オーブンでぐつぐつと焼いたら完成!


チーズはさっぱりめのモッツァレラを使いました。
この選択が大当たり♪
カレーの強めの味と、
あっさりしたモッァレラがいい感じです。
美味しい~☆

チーズカレーは結構どこでも見るけど、
このオーブンで焼くというのがまた一味違っているのかも。
ぐつぐつ感がいいのですね。

焼きカレーMAPなるものもあるようなので、
九州・福岡旅行を計画している方は、
こちらも是非チェックしてみてくださいね~。
私もいつか食べに行こう~。

おいしそうやね!と思っていただけたら、
↓クリック↓していただけると嬉しいです♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ



2009年10月19日月曜日

It's not an accident. (偶然ではない):山川紘矢『輪廻転生を信じると人生が変わる』

翻訳家の山川紘矢さんの本を読みました。
『輪廻転生を信じると人生が変わる
ご自身が翻訳家へなられた経緯について書かれています。

山川夫妻といえばご存知の方も多いと思いますが、
多くの精神世界系の本を訳されているご夫婦です。
「ザ・シークレット」や「聖なる予言」、
ブライアン・ワイス博士の「全世療法」、
パウロ・コエーリョの「アルケミスト」などで有名です。

今日のタイトルに選んだ"It's not an accident."
(イッツ・ノット・アン・アクシデント)、
偶然ではない、は、
山川さんのこの本の最初の方に書かれていた言葉。
まさに私がこの本を手に取ったのは、
偶然ではなかったのかもしれません。

この本を買って家に帰るとすぐ母から電話がありました。
「今朝Yさんがお亡くなりになったそうよ。」
Yさんは70代の女性で、
ご病気を抱えながらも、
外国への旅を楽しんでおられた方でした。
母曰く「先日もロシアに旅行へ行かれていたのに。
楽しそうにお話してくださったばかりよ。」

もーりーも何度かお会いして、
一緒に食事をしたこともある方。
数年前、母やYさんのフラダンスの発表会に、
もーりーがビデオ撮影に借り出され、
食事をご馳走になった思い出があります。

もーりーにYさんの訃報を伝える時には
さすがにちょっと涙が出てしまいました。

でも、なんだかタイミング的にYさんが
「生まれかわりに行くだけだから、
悲しまなくても大丈夫よ」
と言ってくれているような気がしている私です。

今夜はこれからお通夜です。
「さようなら」と「ありがとう」を言いに行ってきます。

山川紘矢さん、亜希子さんご夫妻のHPはこちら☆


2009年10月18日日曜日

イタリアンテで日曜日ランチ

レシピブログさんのモニタープレゼントで、
今度はキューピーのItaliante(イタリアンテ)が当たりました☆
しかも

アンティパスト(前菜)
プリモ(パスタ)
セコンド(お肉料理)


という3種類のソースのセット♪
なんとすごい太っ腹!
めっちゃ嬉しい~!!
実はこのシリーズ大好きなのです♪

Italianteシリーズは、
以前お友達のゆみちゃんが送ってきてくれて、
セコンドは2種類このブログにもアップ済みです。
良かったらそちらも見てみてくださいねー。
(このエントリーの最後にリンクをはってあります。)

さて、今回のモニターのお題は
【アレンジせずにそのままお料理に使い、
テーブルコーディネートを】というもの。
それぞれが一人前だったので、
日曜日のイタリアン・ランチにいただくことにしました。
イタリアでは休日のランチを
家族でゆっくり楽しむと聞きますよね♪

写真は前菜のバーニャカウダです。
ニンニクをオリーブオイルでじっくりと煮込んだソース。
生野菜や温野菜のディップとしていただきます。
わが家はブロッコリーとじゃがいもを茹でました。
それから軽くトーストしたパンにもつけて。

美味しいです☆
一袋で結構な量が入っているので、
大人数のパーティでも活躍しそう。
作るのは手間…というときも、
Italianteですぐに楽しめると知っていれば嬉しいですね!

こちらはプリモピアットのカルボナーラ

クリームベースでコクのある美味しさ。
カルボナーラはもーりーの大好物ですが、
その本人も「美味しい!」と合格点を出しましたよ♪
ソースは一袋にけっこうたっぷりと入っていました。
(写真は半分の量です。)

パスタはディ・チェコのタリアテッレを使いました。

最後はセコンドピアットのカチャトーラ

鶏ムネとモモのぶつ切りを使いました。
それから箱に書かれていたように、茸を数種加えて。
鶏肉は皮付をオイルなしで、よ~くこんがり焼きました。
これ、何度食べても美味しいです。
(これも写真は半分の量。)

今日もなんて贅沢なランチ!
キューピーさん、
レシピブログさん、
どうもありがとうございました☆

キューピーのItalianteシリーズ、
手軽にパーティしたい時はもちろん、
レストランに行きたいけどなかなか行かれない・・・
という時などに、
すっごくすっごくおすすめです。

実はそういう状況(後者)の時、
ゆみちゃんがこれを送ってきてくれたのですよね。
おかげですっごく満たされたのを思い出しました。
あの時はどうもありがとう~!

↓ 過去のIaliante料理はこちら ↓
鶏ときのこのカチャトーラ
鱈と水菜のアクアパッツァ


【レシピブログの「キユーピー Italiante」モニター参加中です】
<キユーピー Italiante>  モニター100名さま大募集!!へ参加中♪

おいしそう!と思っていただけたら、
↓クリック↓していただけると嬉しいです♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ



 

2009年10月17日土曜日

全粒粉のパンケーキ

土曜日の朝食にパンケーキを焼きました。
薄力粉が少ししかなかったので、
半分は全粒粉を混ぜました。

------------------------------

【全粒粉のパンケーキ(8枚分)】

材料

薄力粉 半カップ
全粒粉 半カップ
ベーキングパウダー 小匙1
きび砂糖 大匙2
卵 1個
オリーブオイル 大匙1
牛乳 適量

①牛乳以外の材料を軽く混ぜ合わせる。

②牛乳を生地の緩さを見ながら、
ちょうど良くなるまで加える。
(お玉ですくって、
滑らかに流れ落ちるくらい。)

③フライパンで焼く。

-----------------------------

あまり膨らませず、薄いものを8枚焼きました。
バターをのせてから、
メープルシロップをたっぷりかけていただきます。

あつあつのカフェオレと一緒に♪
うーん、美味しい☆




 

2009年10月16日金曜日

ハッピー・コレクション

 銀座に出かけたときに、伊東屋さんで買ってきた新しいノートです。もうすぐ日記が一冊終るので、次のためのノートを探していました。日記を書き続けてもう何年にもなりますが、以前はまったく続きませんでした。それがある時から書くのが楽しくなり、毎日ではありませんが、とぎれとぎれに書き続けています。だいたい1年に2冊くらいのペース。現在はリングノートを使っていますが、書き始めの日付はちょうど引越しの頃。今年の4月です。
 
ノートはお気に入りを用意するほうが、書こうという気持ちが盛り上がります。(今使っているリングノートはちょっとサボリ気味でした^^;)新しく買ったノートは表紙も中身もポップでカラフル。かわいくってひと目で気に入ってしまいました。書き始めるのがとっても楽しみです。

「続く日記」を書き始めたきっかけは、ある一冊の本を読んだこと。残念ながらその本のタイトルも著者名もすっかり忘れてしまいました。外国の方の書いたもので、10年近く前の読んだものです。
 
その本の中に提案されていた日記のアイデアは、日々の出来事を書き綴るのではなく、その日にあった「良かった出来事」のみを10個リストアップするというもの。もし10個も思いつかないのなら、無理やりにでもいいから、せめて5つは書き出すこと…。例えば…
 
①今日は天気が良い
②通勤電車で座ることができた
③お昼のお弁当を待たずに買えた
④お友達に今日のスカートをほめられた
⑤読みたかった本を貸してもらえた…
 
などなど

10個は思いつかないけど、5個でいいならできるかも…。そう思って、薄っぺらなノートに日記をつけ始めました。ところが最初は5つでも ”良い出来事”を思い出すのは大変(汗)。嬉しかったことってなんだろう?良かったことなんてあったかな??
 
食べたものが美味しかったとか、ゆっくりお風呂に入って気持ちが良かったとか、素敵なノートを買ったとか、、、本当に今まで見過ごしていたものに心を動かさないと、5つの幸せには気がつけない…。でもその薄っぺらなノートが全て埋まった時、ふと読み返してみて気がついたのです。あぁ、毎日はなんて素敵なことでいっぱいなんだろう!それが私のハッピー・コレクションの始まりです。

ハッピー・コレクションを始める前の私は、あるイメージにしつこくつきまとわれ、とても苦しい日々を過ごしていました。欲しいものだけが指の間からこぼれ落ちていく…。
 
いろいろなことが空回りしていたあの時期、半信半疑で始めたハッピー・コレクション。いつしかそのノートを振り返る頃には、あんなにしつこかったイメージはいつの間にか消え去り、代わりに毎日思い浮かぶ言葉がありました。だんだん良くなる。だんだん良くなっている!
 
最初は5つ探すのも大変だったハッピー・コレクションですが、一冊のノートが二冊三冊と増える頃には、リストアップするだけでは物足りなくなり、このブログのように日々の出来事や思いを綴るスタイルへ発展していきました。そして終ったノートを読み返すたびに驚くのは、自分の夢見ていたことはほとんど全て、いつの間にか叶っている!ということ…。本当にだんだん良くなっているのです!ハッピー・コレクションは私の人生を変えました。楽しいこと、嬉しいことにフォーカスすると、人生はそっちの方向へ流れていくような気がします。(その逆もまたしかり…。)
 
皆さんも始めてみませんか?毎日のハッピー・コレクション。お気に入りのノートを探しに行きましょう♪